最初の一歩を踏み出そう!ゴールドジムで安心してトレーニングをするには

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動するパーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

先日、ゴールドジム名古屋栄店で指導していたら、お客様からこんなお話が。

「ゴールドジムって、他のジムと違って入会するのにとても勇気がいりましたよ〜」

「どうして勇気が出なかったんですか?」

と私が聞くと、

「ゴールドジムって、どうしてもボディビルダーの方がたくさんメンバーでいるから、私のようにボディビルに関心はないけど、しっかり筋トレしたい人って、邪魔者にならないかな、とかボディビルダー以外お断りのようなイメージがあったんです」

というお返事が返ってきました。

確かに、ボディビルダーの会員様は多数来館し、熱心にトレーニングをしています。

けれど、ボディビルダー以外のお客様もトレーニングをしていますから、女性のお客様でも安心してトレーニングが出来ますよ。

今回は、ゴールドジムのような敷居を高く感じやすいジムで、安心してトレーニングが出来る方法について、あなたとシェアしたいと思います。

 

慣れない環境に入れば誰もが不安になる

就職活動での面接や、入社して初日にオフィスへ向かった日を思い出してみて下さい。

どんな人がいるのかな、うまく出来るかな、ミスしたらどうしよう、オフィスの雰囲気ってどうかな…

あなたも、色んな思いを張り巡らせて来たのでは?

こういった初めて行動するものに対して、今までの習慣にないことを新たにやろうとすると、人間は緊張したり不安になりやすいです。

快適な状態のことをコンフォートゾーンと呼び、最初の不安な状態はこれまでの生活とは違い、面接や初めてオフィスに向かうのは、今までの人生で経験をしたことがなかったから。

その緊張や不安も、慣れてしまえばリラックスも出来て、落ち着いた状態で仕事が出来るようになってきます。

これは、今までのコンフォートゾーンがズレて、緊張や不安が出た後に、オフィスで働く状態のコンフォートゾーンが出来るため、落ち着いて仕事が出来るというわけです。

先程のゴールドジムのお客様に話を戻しましょう。

お客様のコンフォートゾーンが、ゴールドジムへ入会しようとする度に不安にさせていたり、敷居を高く感じさせ勇気が今までになく必要で、最初の一歩が思うように踏み出せなかった理由です。

「受付まで行くの、正直怖かったです」

とお客様も仰っていました。

あらかじめ言っておくと、ゴールドジム名古屋栄店では、あなたを怖がらせるようなお客様やスタッフはいませんのでご安心を。

それと、ジムに来たと同時にすぐムキムキにもなりません。

正しいトレーニングを身に着けないと筋肉を狙った効果も望めません

つまり、緊張や不安、恐怖心はあなた自身のマインドから生まれるものなんです。

ではどうやったら、あなたのマインドを変えていけるのでしょうか?

 

セルフイメージをトコトン前向きに

セルフイメージについては、以前からブログでも取り上げています。

セルフイメージを高くすればするほど、自然と現状に満足できなくなり、コンフォートゾーンが変わり、行動せずにはいられないんです。

そのためには、ゴールドジムでトレーニングをするあなた自身をセルフイメージで作り上げましょう。

ホームページで、ゴールドジムについてリサーチし、ウエイトトレーニングを全力で取り組むあなた自身を脳内でリハーサルやビジュアライズしていきます。

そして、ゴールドジムでトレーニングをして当たり前、毎週パーソナルトレーニングを受けていて当たり前というコンフォートゾーンを作るんです。

さらに、セルフトークもポジティブなものに変えて、新しいコンフォートゾーンを根付かせます。

セルフイメージもセルフトークも高めて、ゴールドジムでトレーニングして結果が出て、ドンドンあなたが綺麗に輝く姿へ変えていきましょう。

 

最後に

今回は、ゴールドジムへの敷居の高さや最初の一歩がどうやって出やすくするかをあなたとシェアしていきました。

あなた自身が、ゴールドジムでトレーニングして当たり前な状態をまず作れるかどうか。

そして、もう一つ大事なのが、ゴールドジムという敷居の高さ、つまり成功不可避な環境を活かせるかどうか。

あなたの周りにいるお客様は、これまでトレーニングを積み重ねて得られた結果がカラダに現れています。

トレーニングのツールだけでなく、周りで結果を出している人達の環境に入ることで、行動をせざるを得ない状況になります。

1人で、その環境に入るのが不安なら、パーソナルトレーナーをつけてトレーニングをすれば、あなたの行動も自然に変わります。

あとは、セルフイメージを変えるのも、行動を変えるのもあなた次第。

私は、あなたの勇気を全力で受け止める覚悟があります。

あなたは、何もせずこのままの自分でいいですか?

 

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP