投稿しないとサボったと思われる!?ソーシャルメディアで追い詰められるフィットネス女子

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動するパーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

ジムでのトレーニングの様子や、体型の変化をソーシャルメディアに投稿する女性の数は年々増えてるように感じます。

投稿することで、フォロワーから応援してもらえる、情報交換をする、自分自身の自己管理のため、いろいろな理由で投稿してるようです。

ただ、投稿を様々な理由でしていないと、サボったと思われてしまう印象を持たれてしまうようです。

もちろん、自分のトレーニングプラン通りに進めていれば問題ないし、周りにサボったと思われてしまうことでトレーニングをする、というようにトレーニングをせざるを得ない状況にするのも選択肢の一つです。

けれど、トレーニングプランを持っていなかったり、精神的に追い込まれすぎて、サボったと思われたことで逆にトレーニングをやりすぎてしまう人もいます。

今回のブログでは、ソーシャルメディアの投稿と、トレーニングの取り組み方について、あなたも一緒に考えていきませんか?

 

理想のコミュニティにいるかどうか

ソーシャルメディアをきっかけに、リアルにジムで会い、合同トレーニングでお互いにサポートし合う。

そこからトレーニング仲間が増え、モチベーションが高まり、日々のトレーニングをチェックし、時には励まし合うときもあれば、トレーニングのアドバイスなどを送って、トレーニング効果をあげようとすることも。

確かに、ソーシャルメディアを使って投稿をすれば今挙げたメリットが得られることもあるけれど、そのコミュニティが、あなたの理想のコミュニティにいるかどうかが重要です。

理想のコミュニティにいれば、あなたが抱えてるマインドセットや思考のバグを修正したり、ゴール達成のために行動をせざるを得ない状況や環境であれば、ハードに追い込んだり、積極的に自己投資を行うことも必要です。

ただ、理想だと思ってるコミュニティのマインドがズレていたり、トレーニングのアドバイスを送ったり励まし合ってるつもりが、実はお互いが足を引っ張り合ってることに気がつかない人がいます。

そうすると、マインドセットも間違った方向に引っ張られ、ゴールから遠くかけ離れてしまいます。

例えば、Instagramでタイムラインだけでなくストーリーに、エクササイズのフォームのチェックや体型のチェックを写真や動画で投稿する。

投稿へのコメントで、フォームのアドバイスやエクササイズのバリエーション、サプリメントの使い方などのアドバイスがコメント欄に書かれます。

アドバイスが投稿の度に受けられるから、情報交換の手軽さやコミュニケーションが深まりやすいということで、どんどんソーシャルメディアだけでなく、リアルタイムでジムで会いさらに仲良くなる。

しかし、そもそものエクササイズのフォームが間違っていたり、アドバイスが間違っていたりするために、さらに間違ったフォームが身についてしまい、ケガのリスクが増えてしまいます。

この点については、以前ブログでも指摘していて、負のループにハマってしまい、負のループに自分自身が気がつかないというケースが多くなっています。

あなたも、負のループにハマりたくなければ、その足を引っ張る間違ったコミュニティから抜け、一流のパーソナルトレーナーが持つ、ゴールを達成するための環境に入り、正しいトレーニングやボディメイクのマインドセットを学ぶことで、あなたのスタイルは確実に変わりますよ。

 

ソーシャルメディアで追い詰められる女性達

ソーシャルメディアの投稿の間が空いてしまうことで、もう一つ起こりうることは、サボってると思われると、

「自分は周りに監視されている」

という不安感や不信感が現れます。

もちろん、脅迫のような方法は論外だけれど、タチが悪いのは、

「なんで今日トレーニングしないの?」

「一緒にトレーニングしないとまたサボるよ」

「ホントにトレーニングしてるかわからないし信用できない」

といったやり取りが出てくるんです。

私のところに相談に来たお客様から教えていただいたのですが、これらのコメントは、送り主の人達が良かれと思ってコメントしてるんですよね。

このような人達をドリームキラーと呼び、ドリームキラーによって、ゴール達成のための行動をその人のためを持って無意識レベルで阻止しようとします。

「アドバイスをしてるんだから足を引っ張ることにならないのでは?」

ともしかしたら、あなたは思うかもしれません。

なぜ足を引っ張るのかというと、ドリームキラーによって得られたアドバイスによって、現状を維持しようとさせるんです。

また、現状を維持させるだけでなく、良かれと思って送ったアドバイスによって追い詰められ、オーバートレーニングに繋がります。

オーバートレーニングは、カラダだけでなく心からもサインを発しているため、見た目ではわかりにくく、つい見落としやすいです。

トレーニングができなくなるだけでなく、ケガや病気の原因にもなってしまい、最悪の場合、死にもつながってしまうんです。

自分の体力レベルやペースを考えずに、ソーシャルメディアのコメントに足を引っ張られると、カラダを休めなくなってしまい、どこまでも自分を追い詰め過ぎて、その結果自分自身を壊すことに。

もしあなたも、自分自身を傷つけ、壊すことしかできないコミュニティにいるなら、今すぐに抜けるべきです。

そして、正しいトレーニングの方法を、一流のパーソナルトレーナーから学ぶことで、見た目の変化だけでなく、毎日を健康で元気に過ごすライフスタイルを選べるようにしましょう。

オーバートレーニングについても記事にしていますので、こちらも是非ご覧ください。

 

目先のいいねやシェア稼ぎに陥っていないか

ソーシャルメディアの投稿で、たくさんのいいねシェアが集まれば、あなたも気分が良くなって、トレーニングのやる気アップに繋がるかもしれません。

ただ、目先のいいねやシェア稼ぎに陥ると、本来のゴールやトレーニングの目的を見失ってしまうことに。

大事なことを言うと、目先のいいねやシェアの数は、あなたのカラダづくりのコツはつかめないままだし、スタイルも変えてくれません。

教える⇒覚える⇒コツを掴む(納得する・腑に落ちる)⇒行動が変わる⇒結果が出る

常に私がセッションやブログで伝えてることですが、このステップを踏むから、あなたのカラダは驚くほど変わるんです。

直接パーソナルトレーナーから、あなたのカラダに合わせたフォームや負荷のかけ方、セルフケアや栄養やサプリメントの摂り方を学べるから、コツを掴むのが誰よりも早くなり、行動が変わり、結果が出るわけです。

リアルに対面で会うことで得られる情報量は、実は、ソーシャルメディアでの投稿よりも、何倍も多いんです。

もちろん、その価値を感じて判断するのはあなた次第。

あなたは、無意味なソーシャルメディアのコミュニティに残りますか?

それとも、本当のゴールのために行動できるコミュニティに入ってみますか?

 

お問い合わせはこちら

 

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP