威圧的なパーソナルトレーナーのホスピタリティ

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動する、パーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

前回に引き続き、パーソナルトレーナーの選び方についてです。

前回のブログ、太ったパーソナルトレーナーについてはコチラ。

今回は、太ったパーソナルトレーナーと同様に、選ぶ上で大事にして欲しいホスピタリティについてです。

パーソナルトレーナーはサービス業である

私は、パーソナルトレーナーのメンターから学んだことの一つに、

「パーソナルトレーナーは職人ではなく、サービス業である」

という言葉にとても影響を受けています。

専門的なスキルやテクニックも大切なのですが、それらを活かすだけでなくお客様とのセッションでは、安全性や清潔さや快適さをまずは優先しよう、と教わりました。

パーソナルトレーナーは、一流ホテルのコンシェルジュのように、お客様の要望やオーダーに対して常に先回りして、結果を出すだけでなく、おもてなしや快適さ、トレーニングに対する楽しさなどを提供することも大切な役割です。

しかし、サービス業であることを理解しておらず、お客様に対して威圧的な態度で接客する、残念なパーソナルトレーナーもいるのです。

どういった特徴があるか、順にご紹介しましょう。

その① 常にアゴを突き出し人を見下すような視線

お客様に対し、おもてなしの心を持って接すれば、笑顔であったりご意見を真摯に受け止める態度、時には辛く苦しいことに共感をすることもあります。

それに対し、威圧的なパーソナルトレーナーは、常にアゴを突き出し、人を見下すような態度をジム内では取っています。

見下されるような視線を初対面のお客様が受け取ったら、正直怖くて仕方がないでしょう。

しかも接客の際に、無表情のままでアゴを突き出されていたら、お客様は上から目線で物を言われているように感じます。

威圧的で怖い印象が残ってしまったら、お客様が望む要望や願望は引き出すことは出来ません。

人は第一印象、それも約10秒間で決まると言われていますから、見下す態度のパーソナルトレーナーに、トレーニングを任せるというのは、徐々に自分の要望を伝えられなくなってしまいます。

見た目の第一印象やフィーリングは大切にしてくださいね。

その② お客様によって態度を変える

パーソナルトレーナーはサービス業である以上、接客の姿勢や態度は公平さや明瞭さが求められます。

どのお客様相手にも、気持ち良い接客を心掛けたいものです。

しかしながら、残念なパーソナルトレーナーは、威圧的に日頃から振る舞っているせいで、お客様によって態度をコロコロ変えてしまうんですよね…

また、セッション中もお客様がキツい表情には喜んで笑っているのです。

若い女性や気に入った(自分の言うことを聞いてくれる)お客様には、1秒間に3回くらいペコペコしたり笑顔を見せて指導をしますが、気にらないお客様には、目の前をお客様が通っているのにも関わらず挨拶もナシ!

おまけに、気に入らないお客様の前で、避けるかのようにどこかへ行ったり、視線を合わせないように下を向いてやり過ごそうとします。

このような態度を平然と取っているパーソナルトレーナーからあなたは心から指導を受けたいですか?

残念なパーソナルトレーナーは、太ったパーソナルトレーナー同様「見られている」ということに気が付きません。

おもてなしの考えや行動が出来ない以上、一流のサービスの提供はまず不可能でしょう。

その③ ジムエリアでの最悪な立ち振舞

パーソナルトレーナー、というよりはサービス業の観点から見ても、一流のおもてなしが出来る方は一挙手一投足や佇まいはとても洗練されています。

威圧的で残念なパーソナルトレーナーは、セッション数も少ないせいか、ジムエリアをいつもウロウロ歩き回っています。

歩き回る時は、いつも腕を後ろに組みながら歩き回ります。

腕を後ろに組む心理状態は、

「近づくな!!」

という現れだそうです。

当然、近づきたくないですよね。

仲良しのお客様の前では、今度は腕を前に組んで話したり、場合によっては壁にもたれて手をつきながら会話することも。

ハッキリ言って、最悪ですよね。

最悪な立ち振舞をしてるのに加えて、ヒマな時は仲良しな常連様に、「営業」という名の無償奉仕を何十分も行います。

しかもおしゃべりに夢中になりながらの対応ですから、他のお客様がマシンやフリーウエイトを使いたいのを待っているのに全く気が付きません。

マシンやフリーウエイトを独占する時間も長く、他のお客様と譲り合うこともなく、自分自身は立派なパーソナルトレーナーと勘違いして振る舞っているのです。

私の考えでは完全にアウトです!

私ならば、長時間ジムエリアに立って暇そうに見られるようにウロウロ歩き回らないし、腕を後ろや前に組むなんてありえません。

セッション中も、他のお客様の流れを見ながら進めて、場所も工夫して使い分けます。

最後に

繰り返しますが、パーソナルトレーナーを選ぶ際には、セッション以外でのジムエリアでの立ち振舞にも目を向けて見て下さい。

あなたには例え気前の良い態度や言葉遣いでも、他のお客様やジムエリアをウロウロしてる時の立ち振舞にガッカリしてしまうでしょう。

あなたは、こういった残念な威圧的なパーソナルトレーナーや、太ったパーソナルトレーナーへ時間やお金を使えますか?

貴重な時間やお金がムダにならないためにも、パーソナルトレーナー選びには冷静な判断を。

もしあなたがパーソナルトレーナーを選ぶ際にわからないことや疑問があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

一人でも多くの方に、一流のパーソナルトレーナーと出会えますように!

 

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP