トレーニングでつくれちゃう!綺麗な女性らしい「しぐさ美人」とは

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動するパーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

「素敵な女性になりたい!」

とあなたは憧れますか?

素敵な女性、と一言で言ってもイメージする姿は人それぞれ。

今回は、しぐさについてあなたとシェアしていきます。

しぐさが素敵なだけで、あなたの魅力はグンと高まります。

そして、そのしぐさが、トレーニングをきっかけに作れたら、もっと嬉しいですよね!

 

綺麗な姿勢をいつでもキープする

綺麗なしぐさができる人は、オフィスでもプライベートでも、座ってる姿勢や歩く姿も美しいです。

自然と姿勢が整うように保ち、動きもしなやかに出る感覚が良いからです。

もし姿勢が崩れていたら、見た目も綺麗には見えないし、しなやかな動きもできません。

姿勢については、以前の記事も参考になりますよ。

例えば、オフィスでのイスの座り方を見直して見るのも一つです。

座り方一つで、姿勢も整うし、トレーニングにもなるんですよ。

次に、立つときも姿勢を一度意識にあげるのも大切です。

ヨガのターダアーサナ(山のポーズ)のように、両足を肩幅に置いて足裏と地面の繋がりを感じて、頭頂部と天井までの距離を感じることで、背骨の長さも出てきて、体幹にもスペースができます。

こうすれば、自然に立つ姿勢ができて、背筋も伸びて胸周りも開きやすくなるから、女性らしいボディラインも強調できて魅力的に。

綺麗なしぐさをつくるには、まずは姿勢をつくるところから始めましょう。

 

しなやかな動きをゆっくりと

しなやかな動きをすぐにできる人は、以前から自然に身に着けて無意識にできています。

例えば、名刺交換のときに、ガツンとすばやく腕を真っ直ぐ伸ばされて突き出すように手渡されたらどうでしょう?

乱暴な印象がついて、気持ちの良いあいさつができないし、商談もまとまらない可能性も。

そこで、しなやかさを意識して名刺交換をしてみましょう。

ゆっくり丁寧に柔らかさを意識しながら、相手の胸元へ弧を描くように優しく名刺を渡してみましょう。

相手が感じるあなたへの印象も、グッと良くなるしコミュニケーションもしっかり取れますよ。

また、トレーニングでしなやかさを出すには、股関節や胸郭の可動性を高めたいですね。

カラダは立体的に動くことでしなやかさを高めることができます。

ViPRなどでステップしながら体側をストレッチさせるなど、1方向だけでなく様々な方向や角度、面を意識しながら動きましょう。

 

指先まで意識して動く

指先や爪は女性が持つ魅力的なカラダの大切な一部。

指先を意識して動くと、余裕があって、しかも丁寧で、優雅な印象を与えます。

美人なしぐさができる綺麗な女性は、この秘密を知らず知らずのうちに身につけていて自然と綺麗な振る舞いができています。

ではどんな意識で指先を使うのか?

遠くにあるものを取る時は、指先からレーザー光線が出ているようなイメージで長く伸びるように使い、引く時は指先は伸びたまま手を残すようにするだけ。

この感覚を、リーチと呼んでいますが、美人なしぐさができる人は、リーチの使い方が抜群にうまいんです。

バレリーナや舞妓さんがピッタリなイメージではないでしょうか?

このリーチの感覚は、ただ筋肉をつけるだけでは身につく感覚ではありません。

バードドッグのエクササイズのように、体幹で姿勢を安定させながら手足を長く遠く伸びていく。

末端の手足の指の動きや伸びを意識したり感じることで、カラダも繋がって安定した姿勢からしなやかでパワフルな動きが出てきます。

四つん這いでただ手足を離すのか、手足のリーチを感じるのか。

この感覚は似てるようで全然違います。

指先一つ一つまで意識をして動いてみましょう。

あなたも「しぐさ美人」を目指してみませんか?

 

お問い合わせはこちら

 

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP