ウエストシェイパーに頼りすぎ!?トレーニングで使う時に気をつけること

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動するパーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

あなたは、ウエストをどのように引き締めたいですか?

くびれがクッキリとして、キュッとしたウエストが欲しい!

それもできるだけ早く手に入れたい!

と考えたことがちょっとでもあるのではないでしょうか?

そんなときに使ってみたくなるのが、ウエストシェイパーです。

巻くだけでウエストの引き締め効果が出てくると、セレブリティを中心に話題を呼び、世界中の女性の間で大流行しています。

私が活動するジムでも、ウエストシェイパーを巻きながらトレーニングをする女性のお客様もいますが、残念ながら正しく使えてる人はいません。

いったいどのような原因があるのでしょうか。

今回のブログでは、ウエストシェイパーをトレーニングで使うときに気をつけたいことについて、あなたとシェアしたいと思います。

 

ウエストシェイパーに頼りすぎている

ウエストシェイパーを巻くことで、体幹の筋肉が働きやすくなると言われています。

これは、ドローインというメカニズムを使い、ウエストシェイパーがカラダの表面から締めつけられることで、お腹が凹む方向へ自然と筋肉が収縮し、ウエストまわりに負荷がかかって引き締めの効果が出るといわれています。

しかし、ドローインにはデメリットが多く、体幹の働きを引き出すには不十分です。

また、ウエストシェイパーを巻き続けることで、呼吸が浅くなることや、キツく締めることで、腹腔内圧が小さくなり内臓と筋肉の癒着のリスクや臓器への負担が増えてしまうことに。

ひとつは、腰椎の動きや骨盤底、横隔膜の動きが小さくなり、お腹のスペースがさらに小さくなり、お腹のスペースをつくる体幹の筋肉が働かなくなるのです。

そこで、私のパーソナルトレーニングでは、まず、正しい呼吸を身に着け、姿勢を安定させ、エクササイズだけでなく人間本来の動きを取り戻す準備から始めます。

確かに、ウエストシェイパーを着けないとトレーニングや見た目の変化に不安がる気持ちもわかります。

あなたの見た目だけでなく、本来のカラダの姿勢や動きを身につけると、長期的な目で見れば、ウエストのくびれや、安定した姿勢が得られるようになりますよ。

参考に、以前書いたウエストシェイパーの記事もご覧ください。

 

トレーニングで常に巻く必要があるのか

以前書いたウエストシェイパーの記事でも書きましたが、トレーニングベルトと同じように、ラットプルダウンやベンチプレス、さらには有酸素運動中にもウエストシェイパーを巻いている人もいます。

実は、ウエストシェイパーもトレーニングベルトも、ジムで常に必要はないんです。

エクササイズでウエストシェイパーやトレーニングベルトの効果が出てくるのは、高重量で背骨の長軸方向に対して垂直に負荷がかかるときだけです。

代表的なエクササイズは、スクワット・デッドリフト・ショルダープレスなどです。

有酸素運動のときにウエストシェイパーを巻くと、今までよりも汗が出て体脂肪が落ちる、と一部では謳われてるそうですが、伸縮性のないコルセットやウエストシェイパーを長時間巻けば、体幹の動きが制限され、全身の動きの連動性が失われます。

全身の動きが連動しなくなれば、いくらウエストにクビレができたとしても、窮屈で苦しい上にしなやかな動きが失われ、さらに締めつけをキツくしながら動けば背骨や肋骨を痛めるリスクがグッと増えることに。

そこまでしてでもウエストを細くしたい!

ともしあなたが考えているならば、私ではなくウエストシェイパーをいつも頼るパーソナルトレーナーから指導を受けてください。

私ならば、あなたが持ってる本来の骨格や筋肉の働きや動きを導き、キツいけどカラダの使い方を高めながら綺麗なスタイルを目指します。

あなたのトレーニングに、ウエストシェイパーは必要ですか?

 

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP