もっと綺麗になれる!セルフトークを変えてポジティブなあなたらしい姿へ

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動するパーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

10月も中旬になり、朝晩と日中の気温差が大きくなってきましたね。

あなたのカラダの調子はいかがですか?

さて、ここ数日、私自身、少し喉が不調で、イガイガしたり引っかかるような症状があります。

会話や食事などは特に問題ないんですけど、少し引っかかりを喉に感じてしまい、スッキリしない。

「熱はないかな?」

「お腹の調子は大丈夫かな?」

というようなセルフトークがどんどん出ていたことに気が付きました。

実は、私自身が、「喉が弱い」「風邪を引きそう」「胃腸が弱い」という、ネガティブなセルフトークをしていたことに気が付きました。

セルフトークって、実はあなたが思う以上に、強烈な反応をカラダから出てしまうんです。

そして、セルフトークを上手に取り入れれば、あなた自身の綺麗なカラダを手に入れられる強力な武器にもなるんです。

今回は、セルフトークをどのように使っていけばいいかを、あなたとシェアしていきたいと思います。

 

セルフトークはあなたの姿を変える

あなたに質問です。

1日の中で、セルフトークをする回数って何回すると思いますか?

4〜50回ぐらい?

多くても100回ぐらいでしょ?

いやいや、そんな数ではありません。

セルフトークは、独り言や心の中でつぶやく数を含めて、1日約4〜6万回行われているというリサーチも発表されるくらい、実はとてつもない数のセルフトークが無意識下で行われているんです。

そして、セルフトークがポジティブなものにも、ネガティブなものにもなるのが、セルフイメージによる影響です。

先程の、喉がイガイガする、胃腸が弱いなどのセルフトークは、

「季節の変わり目に体調が崩れやすい」

という私自身のセルフイメージが前提にあったわけです。

私自身の傾向としては、趣味のライブハウスでのライブ鑑賞や、仕事のパーソナルトレーニングのセッションは、

「いつも最高に楽しい!」

というマインドなんですけど、健康面では、「季節の変わり目に体調が崩れやすい」というあいまいな状態を受け入れてしまっていました。

私自身、健康に関するセルフトークのコントロールが甘かったということです。

さて、あなたの普段のセルフトークはどんな感じですか?

「疲れる」

「脂肪が落ちない」

というセルフトークを毎日続けていませんか?

こういったセルフトークが、あなたのセルフイメージと繋がり、

「毎日疲れている自分」

「脂肪が落ちずにポチャッとした姿の自分」を

受け入れているんです。

前回のブログでも書いた、見た目と中身も、実はセルフトークやセルフイメージが作り出すものです。

理想の姿や、あなた本来の姿を取り戻すには、見た目を変えるのと共にセルフトークも変えていきましょう!

 

セルフトークを変えるには

例えばこの動画を観てあなたはどう思いますか?

ビクトリアシークレットのランウェイのシーンですが、

「わぁ綺麗だな〜、すごい憧れるなあ」

と思うけど、

「けど私にはこんなスタイルには絶対なれないしムリだよ」

というセルフトークが出てきていませんか?

無意識に自分がなれないと認識していることは、しっかりと物理空間上に出てきます。

前回のブログでも書きましたが、大人しい女の子が、ある日突然ギャルになってもすぐには男の子は寄ってこないのと同じです。

なりたい姿になるための行動、そしてセルフイメージとセルフトークがマッチしてくる結果、気がついたら、理想の姿になっていた、というカラクリに気づけるかどうか。

そして、セルフトークを整えて全体が良くなってきたら、細部に目を向けていきます。

見えていない部分が、あなたの成長を助けるきっかけにもなるし、逆にそれが弱点になっていて、あなたのパフォーマンスやカラダづくりにも悪影響が出てくることも。

これまで、ポジティブなセルフトークが出来ていたのなら、さらに、細かい点までチェックしてみましょう。

あなたも、日頃のセルフトークを見直してみませんか?

 

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP