いつも巻く必要がある?ウエストシェイパーを巻く前に知るべきこと

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動するパーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

あなたは、もうすぐ近づく夏に向けて、ボディメイクのトレーニングを始めてますか?

特に、これからの時期は、夏に露出が増える服や水着などを着る機会も増えて、カラダの引き締めのペースをあげたいところ。

そんなときに、くびれをつくり、お腹周りの引き締めに使われるツールとして、ウエストシェイパーを使う女性が増えています。

けれど、くびれやお腹周りの引き締めを意識しすぎて、ウエストシェイパーの効果が出せられていない女性の方もいます。

なぜ十分な効果を出せられないのか?

それには、カラダが持つある機能が引き出せられていないことに原因があるんです。

今回のブログは、以前にも紹介してる記事を交えながら、あなたがウエストシェイパーを使うときの参考になれば嬉しいです。

 

体幹の機能をおさらいしよう。

あなたがウエストシェイパーに興味があって、これから購入をしようとしてるなら、その前に体幹の機能についておさらいを。

以前、ドローインという体幹の動きについて、紹介しています。

ウエストシェイパーは、ドローインによるお腹を内側に凹ませる動きによって、腹横筋などの体幹の姿勢を保つ筋肉を使えるようにするのが、主な狙い。

しかし、見た目はお腹周りが凹んだり、ウエストのくびれが見られるので効果があるように見えるけれど、残念ながら、ドローインによる体幹の安定(特に腹横筋)の効果は認められていません。

以前ご紹介してる記事でも伝えてますが、ドローインを長時間続けることは難しく、腹腔内圧というお腹の周りの空間やスペースが失われ、腹腔内圧が小さくなることで、内臓や血管が詰まったり、筋肉や皮膚などの癒着が起きやすいデメリットの方が多いことを伝えました。

また、同じ記事でドローインに対して、ブレーシングという考えについてもシェアしました。

ブレーシングでは、背骨を中心にお腹周りが360°広がった状態から、一気にグッとお腹周り全体に力が入る感じや適度なスペースが作られることで、四肢のつながりや体幹の安定が生まれます。

ここで重要になるのが、呼吸です。

呼吸によって、吸った時は上の画像の左から2番目のように、お腹周りだけでなく、肋骨周りや骨盤底筋群にかけて広がる動きを、吐ききった時は上の画像の左端のように横隔膜と骨盤底筋群が平行のポジションになるのが目安です。

正しい動きをつくるためには、呼吸が重要になってくるんです。

私はトレーニング指導ではドローインを一切教えたことがありません。

ウエストシェイパーと呼吸

ウエストシェイパーで締めつけることのデメリットで、最も影響があるのは、呼吸が浅くなりやすいことです。

お腹を凹ませることばかりを狙って、内臓が強く圧迫され、呼吸が苦しくなりトレーニング中に気分が悪くなる、といったケースも、ジムの指導現場で見受けられました。

これは、ウエストシェイパーの締めつけによって、本来なら広がるはずのお腹や肋骨の動きがやスペースが制限されるためです。

特に、画像を見てもらえばわかりますが、ウエストシェイパーの中央部分の十二肋骨があるため、ベルトで締め付けをキツくすればするほど、十二肋骨へかかる負担は大きくなります。

腹横筋や内腹斜筋、腰方形筋などの十二肋骨や腰椎、骨盤にかけてにつく筋肉の収縮が起きにくくなるうえ、過度な締めつけと負荷をかける動きが組み合わされると、狭いスペースで収縮しなければならないため、疲労骨折などのケガのリスクも高まります。

せっかくウエストシェイパーを買って使ったのに、締めすぎで自分のカラダを傷めてしまっては本末転倒です。

見た目を変えるために、ウエストシェイパーありきでボディメイクをする前に、一度冷静になり、体幹や呼吸の働きを高めるなど、カラダがもつ本来の機能に目を向けていきましょう。

 

あなたにウエストシェイパーが本当に必要なのか

私がウエストシェイパーについて警鐘を鳴らす記事が、これまで、多くの方に読まれております。

ウエストのくびれのために、早く見た目を変えたい気持ちから、ウエストシェイパーに頼りたくなるのはわかります。

ですが、カラダ本来の呼吸や体幹などの機能を失うリスクを負ってまで、ウエストのくびれをつくるべきでしょうか?

私は、そんな思いをさせてまで、あなたにトレーニングをさせたくないです。

全身の呼吸の広がりや、体幹の安定をきっかけに、見た目を変えるためのエクササイズを組み合わせることで、ウエストシェイパーに頼らなくても、見た目を美しくできるチャンスがあるんです。

そのためには、カラダの機能やトレーニングの知識を理解し、あなたの想いに寄り添いながら、ゴールに正しく道案内できるパーソナルトレーナーから指導を受けることです。

あなたが、優秀なパーソナルトレーナーのもとでボディメイクを始めることで、この夏に、薄着の服や水着が似合う、周りと圧倒的な差がつくボディラインに変わることができるんです。

あなたは、この夏どんなボディラインになりたいですか?

 

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP