「〇〇のトレーニングで効果が一番出るのは何ですか?」

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動するパーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

先日お客様からこんな質問を受けました。

「腹筋のトレーニングで効果が一番出るのは何ですか?」

よくある質問の一つです。

確かに、短期間で効果を出したり、結果が欲しいなら最短期間で見た目は変わってほしいもの。

もしかしたら、あなたも同じ考えかもしれません。

「1日でも早く見た目が変わって欲しい」

焦る気持ちがあるのもわかります。

今回は、焦ってしまいそうなあなたへ、一度冷静になってもらうためのブログです。

あなたも深呼吸して、リラックスしながら読めばいいですよ。

 

なぜトレーニング効果に「一番」をこだわるのか?

なぜ皆「一番」にこだわるんでしょうか?

冒頭でも伝えたように、早く見た目が変わって欲しい、結果が欲しいという焦りが理由です。

「11月までに体重を落とさないと、結婚式でパーティードレスが着れない!」

「年末年始海外旅行するから、その時に着る服が似合う体型にしたい!」

といったきっかけがあって、あなたの感情を動かし行動しているわけです。

じゃあ、その感情に従って、

「腹筋のトレーニングではこれが一番効きますよ!」

といわれて、次にご紹介するエクササイズを、トレーニングをこれから始めようとするあなたは出来ますか?

いかがですか?

トレーニングをこれから始めようとするあなたは

「私にはムリだよ〜」

とお手上げ状態になる人がほとんど。

何が言いたいかというと、

「トレーニングに一番はない」

ということ。

動画のようなエクササイズ、10年以上パーソナルトレーナーをしてきて、トレーニング経験や運動経験がない人でいきなり出来る人を見たことがありません。

女性では、日頃からトレーニングしていても出来る人がいないくらい強度も高いです。

ある人にとっては一番腹筋に負荷がかかっても、トレーニング経験がない人にとってはそもそも出来ない。

「一番」という枠組みでエクササイズのプランを考えると、カラダの見た目を変える以前に、負荷に耐えられないです。

「一番」よりも、トレーニングする一人ひとりの性別や年齢、体力、筋力、骨格のバランスなどに合わせたプログラムデザインをつくり、トレーニングを進めていきます。

これを、個別性の原則と呼び、パーソナルトレーニングでは、この原則に従ってあなたのためのプログラムデザインを一緒につくっていくんです。

体力レベルや筋力が十分ではないのに、先程の動画のようなエクササイズをいきなり組み込むことは、ありえないんです。

もし、動画のエクササイズにチャレンジしたいのなら、段階を踏みながら、ステップアップを積み重ねて、筋力や関節の可動性が高まってからようやくチャレンジできるんです。

いきなり一発逆転を狙うな、ということ。

無理矢理出来ないエクササイズをするんじゃなく、体力レベルでギリギリできるかどうかの難易度のエクササイズの種目を積み重ねていくことで、見た目も変わりやすくなって、筋力もつくんです。

もし、これが一番だ!といって無茶なエクササイズをメニューに入れて、あなたは苦しくて出来ないのに、ただあなたを笑ってるようなパーソナルトレーナーがいたら気をつけてくださいね。

パーソナルトレーナー以前に、人間性が疑わしいですから。

そして、ソーシャルメディアで、あなたに

「これが一番効くよ!」

というアドバイスにも注意して。

できてるつもりになってて、私のようにプロのパーソナルトレーナーからすれば、

「そのフォーム、出来てないですよ!」

と言いたくなる動画をソーシャルメディアにアップしてる人もまだまだいます。

以前の記事も読んでみて下さい。

もし、正しいトレーニングを1から学び、確実に見た目を変えたいなら、一番のエクササイズではなく、あなたに合うエクササイズをプログラムデザインできるパーソナルトレーナーから指導を受けましょう!

 

外せない基本動作やエクササイズはある

最後に、エクササイズの一番効果のあるものは一つではない、ということを念押ししておきます。

一つのエクササイズにこだわると、始めのうちは効果が出てきますが、カラダの反応はだんだん出にくくなります。

一つの種目ばかりでなく様々な負荷や刺激を与えることで、カラダの変化はさらに出やすくなり、見た目も変わります。

けれど、エクササイズの中で、一番ではないけれど、外せない基本動作やエクササイズがあって、それを疎かにしてはいけないんです。

基本動作は、人間の動きで欠かせない動きばかりで、実は、基本動作ができることで、ターゲットの部位に対して負荷をかけて、変化を高めやすくするんです。

じゃあ基本動作は何か?

ここは次のブログで解説していきます。

ヒントは、今までのブログに書いてあるので、是非おさらいしておいてくださいね!

 

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP