ひょっとしたらあなたも!?ヒールで膝が曲がったままの歩き方と脚が太くなる関係性とは

こんにちは。

名古屋 上飯田・栄生・栄で活動するパーソナルトレーナーの佐藤賢二です。

先日、ジムに来館されたお客様で気になる様子を目にしました。

そのお客様は、時々ヒールを履いてくることがあるのですが、何となく歩き方が不自然。

よーく見てみると、膝がずっと曲がったまま歩いてる!

実は、ヒールを履く女性は膝が曲げて歩いてしまいがちなんです。

膝が曲がったまま歩く姿って、見た目の印象も綺麗な見栄えはしないし、何よりも脚が太くなりやすいんですよいね。

「脚が太くならずに綺麗な脚になって歩きたい!」

ひょっとしたらあなたもこんな願望があるのでは?

そこで、今回のブログでは、ヒールを履きこなしながら、脚が太くならずに膝も伸びて、歩き方も今よりももっと綺麗になるコツについて、あなたとシェアしていきたいと思います。

 

ポイントは膝の意識の仕方

モデルウォークや綺麗な歩き方について解説してる書籍やWEBサイトを見てみると、ほぼ必ずと言ってもいいぐらい

「膝を伸ばす」

というキーワードが出てきます。

けれど、その「膝の伸ばし方」が難しい。

パッと見た時に、綺麗に歩いてるように見えて、実は膝や股関節などの関節の問題や、脚全体のむくみや張りなどの影響も関わってきます。

特に、ヒールを履いてると、膝を伸ばそうとした時に、膝の位置を後ろに押し付けるような過伸展、伸ばし過ぎになりやすいんです。

膝の過伸展が起こると、膝裏がリラックスしにくくなり、すねの外側に力が入りやすくなったりと、むくみやO脚の原因にもなってきます。

では、その膝の過伸展、伸び過ぎを起こさず、しっかりと綺麗に膝が伸びるにはどんなところに気をつければいいのか?

そのポイントは、「膝の意識の仕方」にあるんです。

以前の記事で、膝の伸ばし方を解説しております。

その中で、

足裏は地面に、頭のてっぺんは空に向かって伸びあってくだけ。

という感覚をお伝えしました。

膝周りの筋肉だけでなく、上下にカラダが伸び合う感覚をつくることで、自然にカラダに軸が生まれ、脚のラインも整い見た目だけでなく、動きのバランスも整います。

「上下の方向の意識」「上下にしっかり脚が伸びているかどうかを感じていく」というポイントをもう一度押さえていきましょう。

これらのポイントは、スクワットやランジ、デッドリフトなどの下半身のエクササイズのところでもとても有効なんですよ。

 

ヒールを履いてる時の膝の伸ばし方

「膝の伸ばし方のポイントはわかったから、ヒールを履いてるときの膝の伸び方を知りたいんだけど」

とあなたもそろそろ知りたくなってきましたか?

これからお伝えしますね。

ヒールを履いてるときのポイントは、膝を伸ばそうと意識するよりも、ヒールの部分を自分のかかとの一部だとイメージして、地面に向かって伸ばしていく。

この時、股関節の付け根とその周りは、かかとと反対方向に伸びていくイメージとセットで。

つまり、膝を伸ばすという意識よりも、脚全体が長くなっていくイメージで動かしてあげると、見た目も綺麗でなおかつ膝や太ももなどの負担も少なくなるんです!

実際に歩くときは、地面の方向は真下というよりは、斜め下方向になっていくのが近い感覚です。

あとは、慣れるまで最初のうちは歩幅をしっかり取りながら、少しゆっくり目に歩いてみてください。

ヒールと脚の動きとを馴染ませるのに時間もかけてあげながら、脚の伸びる感覚がつかめてくれば見た目も綺麗でしなやかな歩き方になってきます。

気をつけたいのが、歩幅が狭くなったり早足で歩くと脚が伸びにくくなるので注意が必要です。

ヒールを履く機会が多いお客様には、このポイントをお伝えしてますが、皆さん

「脚が軽くなって歩きやすい!」

「膝周りが筋肉でモリッとならずにシュッとした形で歩けて嬉しい!」

といったリアクションをもらえています。

あなた試してみませんか?

 

ヒールを履いた後はしっかりとケアを

ヒールでの歩き方や脚の伸び方が良くなっても、やはりヒールそのものは足の本来の形に対して負担は強い。

特にヒールを履く頻度が多い女性に見られる傾向として、かかとの上側のアキレス腱が短く固まって、しわが寄ってる状態になってることが多いです。

ヒールを履いた状態で立つこと自体でも、かかとの上側にしわが出来やすいけれど、十分なケアをせずにヒールを履き続ければ、しわがある状態が馴染んでしまい、だんだんとアキレス腱周りが伸びていかなくなってしまいます。

アキレス腱やふくらはぎが伸びにくくなると、カラダの後ろ側全体に影響し、腰痛の原因にもなってきます。

まずは、ヒールを履いた後はアキレス腱やふくらはぎをケアしてあげること。

写真のような、シンプルなふくらはぎやアキレス腱のストレッチを取り入れるのも1つですね。

また、以前も紹介した美脚づくりの習慣として、自宅で裸足で過ごすというのも提案しています。

足趾や足裏にはカラダの感覚に働きかけるセンサーの役割を持つ神経が多く、ヒールによって足趾や足裏の変形が起こり足裏のセンサーの反応が鈍くなりやすいんです。

アキレス腱や足裏のケアもしっかりして、あなたもヒールを履いた後の足をリセットしてあげましょう。

 

まとめ

今回は、ヒールを履いたときの歩き方、特に膝の伸び方についてあなたとシェアしていきました。

脚全体で伸びる動きや、上下に伸び合う感覚をヒントに、日常でヒールを履く機会では是非意識してみてください。

これまでよりも、歩く感覚が驚くほど変わりますよ。

それから、ヒールを履いた後は、セルフケアもしてヒールの負担がかかりやすい足回りもリセットしてあげましょう。

ヒールを履いてるときの意識と歩き、セルフケアを繰り返すことによってあなたの脚は今よりももっと綺麗でしなやかになっていきます。

「自分は脚が太くなってる歩き方かも…」

という不安があなたにあるなら、正しい知識をもった専門家から指導を受けてみましょう。

私の指導を受けてみたいと考えてるなら、まずは下記のお問い合わせフォーマットからご連絡くださいね。

あなたは、ヒールを履いてどんな風に街を歩いてみたいですか?

 

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

プロフィール

佐藤賢二プロフィール

佐藤 賢二(さとう けんじ)

詳しいプロフィール

最近の記事

PAGE TOP